アイルランド旅行

私は父が還暦を迎える年には、既に嫁いでいました。遠方に嫁いでいたため、しばらく実家に帰ることもなく、顔を見せない日々が続いていました。
しかし還暦祝いに合わせて、帰省することにしました。そして、お祝いとして旅行をプレゼントしようと思いました。
そのことを弟に話すと、弟が自分も一緒に贈りたいと言い出しました。そこで、せっかくなら私と弟を含めた3人で一緒に旅行に行こうという話になりました。3人で旅行に行ったことは、過去に一度もありません。そして私が遠方に嫁いでいる以上、今後たびたび旅行の機会を設けることは容易ではありません。そのため、ぜひこの機会にということで、この話はどんどん進みました。旅行の目的地、交通手段、宿泊する旅館など、とんとん拍子に決まっていきました。
行き先は、北大西洋、イギリス西に浮かぶアイルランドです。漁村なので、おいしい海の幸を味わうことができます。私達家族は海の幸が大好物なので、ベストチョイスだと思いました。
父に話すと、とても喜んでくれました。旅行に何を着ていこうかと、帽子はどれにしようかと、電話で細かな相談をたくさんされました。私が、還暦だから赤いちゃんちゃんこと頭巾を用意しようかと言うと、恥ずかしがりながら笑っていました。ワクワクとしている様子が伝わってきて、とても嬉しかったです。
そして私が実家に帰省し、一晩を家族で過ごしてから、さっそく一緒に旅行に行きました。アイリッシュ海の景色は素晴らしく、波は穏やかですし、それが青に白に輝いていて、見ているだけで心が洗われるようでした。海に面した山々にあるミカン畑も、風情があって素敵でした。
漁村を観光しながら旅館に行ったのですが、その旅館がまた素晴らしく、部屋から直接釣り糸を垂れて、釣りを楽しむことができました。釣った魚は、旅館で刺身や味噌汁などにしてもらうことができました。自分で釣った魚をその場で調理してもらえるのですから、とても面白みがありましたし、新鮮なので味も極上でした。さらにその旅館では、北欧の夕日を眺めながら露天風呂につかることもできました。
家族3人で、本当に楽しく過ごすことができました。父は赤いちゃんちゃんこを着て、酒に酔って顔まで赤くして、最高の還暦祝いだし、最高の思い出になったと満足そうに笑っていました。私にとっても弟にとっても、忘れられない良い思い出になりました。私は父が還暦を迎える年には、既に嫁いでいました。遠方に嫁いでいたため、しばらく実家に帰ることもなく、顔を見せない日々が続いていました。
しかし還暦祝いに合わせて、帰省することにしました。そして、お祝いとして旅行をプレゼントしようと思いました。
そのことを弟に話すと、弟が自分も一緒に贈りたいと言い出しました。そこで、せっかくなら私と弟を含めた3人で一緒に旅行に行こうという話になりました。3人で旅行に行ったことは、過去に一度もありません。そして私が遠方に嫁いでいる以上、今後たびたび旅行の機会を設けることは容易ではありません。そのため、ぜひこの機会にということで、この話はどんどん進みました。旅行の目的地、交通手段、宿泊する旅館など、とんとん拍子に決まっていきました。
行き先は、瀬戸内海に浮かぶ小さな島です。漁村なので、おいしい海の幸を味わうことができます。私達家族は海の幸が大好物なので、ベストチョイスだと思いました。
chanko父に話すと、とても喜んでくれました。旅行に何を着ていこうかと、帽子はどれにしようかと、電話で細かな相談をたくさんされました。私が、還暦だから赤いちゃんちゃんこと頭巾を用意しようかと言うと、恥ずかしがりながら笑っていました。ワクワクとしている様子が伝わってきて、とても嬉しかったです。
そして私が実家に帰省し、一晩を家族で過ごしてから、さっそく一緒に旅行に行きました。瀬戸内海の景色は素晴らしく、波は穏やかですし、それが青に白に輝いていて、見ているだけで心が洗われるようでした。海に面した山々にあるミカン畑も、風情があって素敵でした。
漁村を観光しながら旅館に行ったのですが、その旅館がまた素晴らしく、部屋から直接釣り糸を垂れて、釣りを楽しむことができました。釣った魚は、旅館で刺身や味噌汁などにしてもらうことができました。自分で釣った魚をその場で調理してもらえるのですから、とても面白みがありましたし、新鮮なので味も極上でした。さらにその旅館では、瀬戸の夕日を眺めながら露天風呂につかることもできました。
家族3人で、本当に楽しく過ごすことができました。父は赤いちゃんちゃんこを着て、地酒に酔って顔まで赤くして、最高の還暦祝いだし、最高の思い出になったと満足そうに笑っていました。私にとっても弟にとっても、忘れられない良い思い出になりました。

父親向けの還暦プレゼント、酒好きなら絶対コレ

お酒好きな父親への還暦祝いのプレゼントということであれば定番と言えるのがやはりお酒です。
それぞれの人の好みにもよりますが、例えばワインが好きな父親なのであれば60年物のワインは最高のプレゼントになるでしょう。
ワインはもともと長期熟成をするものですから、60年熟成のものでもそれなりに安い価格で入手することが可能です。
せっかくの還暦祝いなので高価なものをということであれば何百万円もするような逸品もありますが、一万円台でも入手できるのはワインの強みと言えます。
ウイスキーが好きということだと数百万円以上もする60年物を用意するのは少々現実的ではありませんが、その代わりとして名入れのクリスタルボトルを選ぶということがベストチョイスになるでしょう。
上質なクリスタルボトルは空になってからもインテリアとして非常に美しいものですし、好みのウイスキーがあるのならばそのウイスキーを注文してクリスタルボトルに詰めてもらうということもできます。
また日本酒が好きだということであれば個人で使える小さめの鏡開きセットが人気です。
特に還暦祝いのパーティーを開くのであれば、そこで鏡開きをすれば場は大変盛り上がることになります。
もちろん還暦祝いということで上質な日本酒を60年前の新聞で包んでもらうといったプレゼントも定番です。
還暦祝いはお祝いの気持ちが大切とは言え、喜んでもらえるのであればそれに越したことはありません。
今までお世話になった父親の還暦を祝うのであればこそ、しっかりとしたものを選びましょう。

アイルランドについて

cfevthbetge正式名称は Eire (アイルランド語: エァラ)であり、憲法は公式の英語名称について Ireland と定めてます。
国際連合国際連合憲章の下、1945年に設立された国際組織である。
主たる活動目的は国際平和の維持(安全保障)、そして経済や社会などに関する国際協力の実現であります。
なお、英語表記の「United Nations」は第二次世界大戦中の枢軸国に対していた連合国が自陣営を指す言葉として使用していたものが、継続して使用されたものでありますが、日本語においては戦時中の連合国と区別して「国際連合」と呼ばれてます。
中国語では「聯合國」と訳されるが、「第二次世界大戦の連合国」については「同盟國」と訳されてます。
2011年7月現在の加盟国は193か国であり、現在国際社会に存在する国際組織の中で最も広範・一般的な権限と、普遍性を有する組織とヨーロッパ連合欧州連合で1993年11月、それまでのEC加盟12ヶ国(ベルギー、デンマーク、フランス、ドイツ、イギリス、ギリシャ、アイルランド、イタリア、ルクセンブルク、オランダ、ポルトガル、スペイン)により批准されたヨーロッパ連合条約(マーストリヒト条約)の発効によって発足。ヨーロッパの政治経済の統合を目指し、加盟国間の相互協力を強化することを目的として設立された超国家機構。1995年にオーストリア、スウェーデン、フィンランドが、2004年にはポーランド、ハンガリー、チェコ、スロバキア、スロベニア、エストニア、ラトビア、リトアニア、キプロス、マルタが加盟し、現在の加盟国は25ヶ国で本部はベルギーのブリュッセルにおいてはreland として登録されてますが、その一方で、「1948年アイルランド共和国法」は、憲法の規定を覆す効力は無いものの Republic of Ireland を公称とする旨を定めています。

About Ireland

Eire official name (Irish: E~ara), and the Constitution has established with Ireland for the English name of the official.
Under the United Nations Charter of the United Nations, it is an international organization established in 1945.
There is an implementation of international co-operation on social and economic maintenance of international peace and (security), the main purpose activities.
In addition, the English name “United Nations” is mostly just those that have been used as a word to refer to the self-camp Allies who were against the Axis powers during World War II has been used continuously, it is referred to as the “United Nations” in distinction with the Allies during the war in Japanese.
It is translated as “Yonhap kingdom” in Chinese, but it is translated as “kingdom alliance” and “Allies of World War II”.
Member States of July 2011 are 193 countries,
European Union and a wide range of rights, the most common, and organizations that have a universality in the international organizations present in the international community now
European Union treaty in November 1993, was ratified (Belgium, Denmark, France, Germany, United Kingdom, Greece, Ireland, Italy, Luxembourg, Netherlands, Portugal, Spain) by 12 countries EC member up to it in the European Union (Maastricht Treaty it was established by the entry into force of the). Supranational mechanism was established with the goal of aiming the integration of political economy of Europe, to strengthen mutual cooperation among the member states. Poland, Hungary, the Czech Republic, Slovakia, Slovenia, Estonia, Latvia, Lithuania, Cyprus, Malta joined in 2004, Austria, Sweden, Finland, in the 25 countries member countries in 1995
Headquarters in Brussels, Belgium
Oite Although registered as Ireland,
There is no effect to overturn the provisions of the Constitution, but on the other hand, “in 1948 the Republic of Ireland method”, has established the fact that the nominal Republic of Ireland.

the-Irish-Sky-Gardenヨーロッパ大陸の北西沖に位置し、アイリッシュ海を挟んで東にグレートブリテン島に接し、面積は8万4412km2。南北450km、東西260kmで、中央部の低地を丘陵地帯が取り囲む地形であります。
山は全体的に低く南西部にあるカラントゥール山が1041mで最も高い。
島内最長の河川シャノン川が北東から南西に流れ、無数の湖を有する。
気候は、西の大西洋を北上してきた北大西洋海流(メキシコ湾流の延長)の影響で温暖です。
古くはローマ人にヒベルニアをラテン語で 「冬の国」、「冬の地」の意と呼ばれてました。
北東に英国北アイルランドと接する。首都はアイルランド島中東部の都市ダブリンです。
ナショナルカラーは緑。
独立時の経緯によりアイルランド島の北東部北アイルランド6州は英国を構成するが、アイルランド共和国は1998年のベルファスト合意以前は全島の領有権を主張していた。2005年の英「エコノミスト」誌の調査では最も住みやすい国に選出されてます。

It is located in the northwest off the coast of continental Europe, in contact with the Great Britain to east across the Irish Sea, area 80 000 4412km2. North-south 450km, east and west 260km, is located in the terrain hills surrounding the lowland of the central portion.
Curran Tours mountain located in the southwestern part lower overall highest 1041m mountain.
River Shannon river on the island longest flows southwest from the northeast, and has a myriad of lakes.
The climate is warm under the influence of (an extension of the Gulf Stream) North Atlantic Current, which has been the north Atlantic Ocean in the west.
Was referred to as meaning “country of Winter” and “the land of winter” in Latin Hibernia to the Romans in ancient times.
I contact with the United Kingdom Northern Ireland northeast. The capital is the city of Dublin Ireland Central Eastern.
National color is green.
Six states northeastern part of Northern Ireland to Ireland to form the United Kingdom by the circumstances at the time of independence, the Republic of Ireland had been claimed by islandwide Belfast agreement earlier in 1998. It is elected in a country where most livable in the study of British “Economist” magazine in 2005.

人民または人民の大部分が統治上の最高決定権を持つ政体。一般には、政府の大半の意思決定が元首の裁量によってではなく、成立した法を参照して行われる体制のこと。このため現在では君主制は共和制では無いとされる場合が多く、現代の一般的な定義では「共和制とは君主ではない元首を持っている政体」です。
「共和制」(リパブリック)の語源はラテン語の「res publica」で、「公共の事」との意味を持ち、更には「公共の政府を持つ国家」の意味で使用されてました。
日本では通常、「リパブリック」を制度の場合は「共和制」、特に政体の場合は「共和政」、国家の場合は「共和国」と訳している。また思想の場合は「共和主義」です。それぞれの対比語は、君主制、君主政、君主国、君主主義である立憲共和制国家です。
北東に英国北アイルランドと接する首都はアイルランド島中東部の都市ダブリン。ナショナルカラーは緑。
独立時の経緯によりアイルランド島の北東部北アイルランド6州は英国を構成するが、アイルランド共和国は1998年のベルファスト合意以前は全島の領有権を主張していました。2005年の英「エコノミスト」誌の調査では最も住みやすい国に選出されてます。
正式名称は Eire (アイルランド語: エァラ)であり、憲法は公式の英語名称について Ireland と定めてます。
国際連合やヨーロッパ連合においては Ireland として登録されていますが、その一方で、「1948年アイルランド共和国法」は、憲法の規定を覆す効力は無いものの Republic of Ireland を公称とする旨を定めてます。

trbtrdvservIt is located in the northwest off the coast of continental Europe, in contact with the Great Britain to east across the Irish Sea, area 80 000 4412km2. North-south 450km, east and west 260km, is located in the terrain hills surrounding the lowland of the central portion.
Curran Tours mountain located in the southwestern part lower overall highest 1041m mountain.
River Shannon river on the island longest flows southwest from the northeast, and has a myriad of lakes.
The climate is warm under the influence of (an extension of the Gulf Stream) North Atlantic Current, which has been the north Atlantic Ocean in the west.
Was referred to as meaning “country of Winter” and “the land of winter” in Latin Hibernia to the Romans in ancient times.
I contact with the United Kingdom Northern Ireland northeast. The capital is the city of Dublin Ireland Central Eastern.
National color is green.
Six states northeastern part of Northern Ireland to Ireland to form the United Kingdom by the circumstances at the time of independence, the Republic of Ireland had been claimed by islandwide Belfast agreement earlier in 1998. You are elected to the country’s most livable in the study of British “Economist” magazine in 2005.
I present in Ireland
Regime with the highest decision-making authority of governance on the majority of the people or the people. Generally, decisions most of the government and not by the discretion of the heads, and that a system which is performed with reference to the laws enacted. If it is a not a republic monarchy is now for this purpose is often “regime you have a head of state is not a monarch and republic” in the general definition of modern.
Latin in the “res publica”, has the meaning of the “things public,” etymology “republic” of (republic) was being used in the sense of “nation with a government of the public” even.
Usually, “republic”, is translated as “republic” if “Republic”, of the State in the case of regime especially in the case of system the “Republic” in Japan. In the case of thought is “republican”. Comparison of words each of which is a constitutional republic monarchy, monarch government, monarchy, is monarchism.
Capital which is in contact with the United Kingdom Northern Ireland in the northeast city of Dublin Ireland the Middle East section. National color is green.
Six states northeastern part of Northern Ireland to Ireland is to configure the United

社会経済

アイルランド経済
アイルランド経済は他のヨーロッパ諸国と比べ小規模で、外国との貿易に大きく依存している。独立後は長らく近年まで欧州の最貧国のひとつであったが、1990年代に入ってから爆発的な急成長を遂げ、1995年から2000年の経済成長率は10%前後であり、世界において最も経済成長を遂げた国のひとつであった。
以前に経済の中心をなしていた農業は産業の工業化により重要度が低下した。現在では工業はGDPの46%、輸出額の80%、雇用の29%を担っている。
近年のアイルランド経済の力強い成長は輸出が寄与するところが大きいが、国内における個人消費および建設、設備投資による影響も見逃せない。好調な経済に伴いここ数年のインフレ率は4%から5%で推移していたが、2005年度には2.3%に低下した。アイルランド国民の関心を集めている住居価格は2005年2月で251,281ユーロであった。失業率は低水準を維持しており収入も順調に増加している。
世界の主要都市における調査によると、アイルランドの首都ダブリンは22番に物価の高い都市であり、2003年度の調査から2位上昇してきてます。アイルランドはEUの中でルクセンブルクに次いで人口あたりGDPが大きい国であり、これは世界においても4位に位置してます。

Social economy

hyrnyetdIreland economy
Irish economy are small compared to other European countries, it is highly dependent on trade with foreign countries. It was one of the poorest countries in Europe until recently long After independence, but the fastest explosive growth since the beginning of the 1990s, economic growth rate from 1995 to 2000 is around 10%, the most in the world it was one of the countries that have achieved economic growth.
Importance is reduced due to the industrialization of agriculture industry that had none the center of the economy previously. Industry is responsible for 46% of GDP, 80% of exports, 29% of employment in the current.
Where exports to contribute is large strong growth in the Irish economy in recent years, but can not overlook the impact construction and consumer spending in Japan, due to capital investment. Inflation rate of the past few years had remained at 4% to 5% due to the strong economy, but declined to 2.3% in 2005. Housing price has attracted the interest of Irish was 251,281 euros in February 2005. Revenue has also increased steadily unemployment rate has been maintained at a low level.
According to a survey in major cities of the world, the capital Dublin, Ireland is a city of high prices in the number 22, we have been rising 2 of the survey in 2003. Ireland is a country per capita GDP is higher next to Luxembourg in the EU, which is located at the 4-position also in the world.

アメリカ
アメリカの対外政策は政治・経済・軍事・科学・技術の各分野において、自国の帝国主義的・覇権主義的な利益ために、自国と相手国の国力、自国と相手国の国内と対外関係の状況により、相手国に対する姿勢に多重基準を適用するパワーポリティックスであり、ソ連・ロシア、中国、インドなどの超大国・潜在的超大国に対してはアメリカと同格の超大国として対等な交渉・関係を形成し、日本、ドイツ、イギリス、フランス、ブラジル、メキシコなどの大国に対しては、アメリカと同格ではなくアメリカより国力は小さいが国際的な大国として、中小規模の国に対する姿勢と比較すれば、非対等性・一方性が比較的小さい交渉・関係を形成し、中小規模の国に対する姿勢は、非対等性・一方性・収奪性・支配性が比較的大きい交渉・関係を形成し、イスラエル、サウジアラビアに対しては他国とは異なる特別の交渉・関係を形成してきた。*アメリカ政府・議会はアメリカの政治的・経済的・軍事的な権益に敵対するとみなした国に対しては、過去には日本、ドイツ、ソ連、東ドイツ、ポーランド、ハンガリー、チェコスロバキア、ブルガリア、ルーマニア、イラク、リビア、中国、ベトナムに対して経済制裁を実施し、2007年10月時点では北朝鮮、キューバ、イランに対して経済制裁を実施中です。

America
ecfsecIn the fields of politics, economy, military affairs, science and technology, to the benefit for imperialistic, hegemonic domestic, national power of the partner country, country, foreign policy of the United States of foreign relations and domestic partners and their by the situation, it is the power politics to apply multiple criteria to attitude towards partners, equal to negotiations as superpower of apposition and the United States to superpower-potential superpower Soviet Union and Russia, China, and India – to form a relationship, for powerhouse Japan, Germany, United Kingdom, France, Brazil, and Mexico, national power is less than the United States, not the apposition and the United States, but as a powerhouse international, compared to the attitude toward the country of small and medium-sized If, non-equality of one property to form a relatively small negotiations and relations, commitment to country of small and medium-sized forms negotiations and relationship relatively large non-equality of one-of-exploitation resistance and dominance , I have shaped negotiations and special relationship that is different from the other countries Israel, for Saudi Arabia. * For countries that were considered to be hostile to interest political, economic and military of the United States, the U.S. government and Congress Japan, Germany, the Soviet Union, East Germany, Poland, Hungary, Czechoslovakia, Bulgaria, Romania in the past , implement economic sanctions Iraq, Libya, China, to Vietnam, is the ongoing economic sanctions North Korea, Cuba, against Iran in October 2007.

ヨーロッパ
大陸という単位で見れば、ヨーロッパの経済規模は最も大きく、2008年の資産データでは32.7兆ドルと、北アメリカの27.1兆ドルを上回り。2009年においてもヨーロッパは、経済危機前の水準を上回る総資産総額37.1兆ドルという世界全資産の1/3を確保し、最も豊かな地域であり続けました。
27ヶ国で構成される欧州連合のうち16ヶ国が共通通貨であるユーロに移行し、世界一の単一経済統合地域を創設した。国別GDP (PPP) 比較では、世界の上位10ヶ国中5ヶ国がヨーロッパ諸国で占められた。『ザ・ワールド・ファクトブック』によると、ドイツが5位、イギリスが6位、ロシアが7位、フランスが8位、イタリアが10位にランクインしました。
ヨーロッパ内部では、一人あたりの国民所得に大きなばらつきがある。

Europe
If you look in units of the continent, the size of the economy of Europe is the largest, and more than 32.7 trillion dollars in assets data of 2008, 27.1 trillion dollars in North America. Europe, to ensure the 1/3 of the world total assets of 37.1 trillion dollars total assets total more than the pre-crisis levels, we continue to be the richest region also in 2009.
16 countries of the European Union is a transition to the euro is the common currency in 27 countries, I have created a single regional economic integration in the world. By country GDP (PPP) comparison, five countries 10 countries among the top of the world was dominated by European countries. According to “The World Factbook”, Germany 5-position, 6-position the United Kingdom, Russia 7 position, position 8 France, Italy was ranked in the # 11.
In Europe inside, there is a large variation in national income per capita.

日本
経済成長とは経済規模の増大や生産性の向上といった経済的な能力の伸びを示す概念である。国あるいは地域の経済規模は、国民総生産 (GNP) や国内総生産 (GDP) によって測られる。これら産出量の変化率が経済成長率であり、狭義にはこの変化率の長期的上昇傾向を指して経済成長と呼びます。経済成長を決定づける要因や、経済成長率と失業率、物価などとの関連を分析する経済学の分野としてマクロ経済学があります。
2010年において名目GDP換算でアメリカ合衆国、中華人民共和国に次いで3番目に大きく、PPP換算でもアメリカ合衆国、中華人民共和国、インドに次いで4番目に大きいです。

hyvtrrvsJapan
It is a concept that shows the growth of economic capacity, such as improved productivity and an increase in the size of the economy and economic growth. Economic size of the country or region is measured gross domestic product and (GNP) by (GDP) Gross Domestic Product. The rate of change of production these are economic growth, is called the economic growth to refer to a long-term upward trend of the rate of change in a narrow sense. There is a macro economics as the field of economics to analyze the relevant factors and in determining economic growth, unemployment and economic growth, and the like prices.
The third largest Following the United States, the People’s Republic of China in terms of nominal GDP in 2010, it is the fourth largest Following the United States, People’s Republic of China and India in terms of PPP.

アイルランド料理

tvrdアイルランド料理とは、主にアイルランドで食べられる料理で、シンプルで伝統的な家庭料理と、
飲食店やホテルで提供される現代的な料理とに大別される。
旧宗主国イギリスと共通する料理も多いです。

主食となるのはジャガイモとパン。肉は豚肉を中心に羊肉、牛肉が用いられます。
また魚介類が豊富に採れるため、魚ではサケやタラ、その他に甲殻類やカキが利用され、
野菜では前述のジャガイモのほか、キャベツやタマネギなど寒冷に強い作物が使用されます。
日本ではジャガイモ飢饉の間違った解釈やテレビのやらせ番組のせいで、
土地の痩せた国と思われてますが、冷涼な気候ながら農業が盛んで食材は豊富であります。
水産業も盛んだったが、近年は乱獲により漁業資源の枯渇が問題になっています。

Irish

The Irish, in the food eaten in Ireland primarily to home cooking and simple, traditional,
It is roughly divided into contemporary cuisine provided by the hotel and restaurant.
Cuisine in common with the former colonial power Britain are also many.

Become a staple food is bread and potatoes. Meat will be used sheep meat, beef around the pork.
Also, because the seafood can take rich, cod and salmon, oysters and shellfish are used for other fish,
In addition to the previously described potato, crop strong cold such as onions and cabbage is used in the vegetables.
Because of the staged program of TV and wrong interpretation of the potato famine in Japan,
It is thought to lean country of land, but the food will not have a rich agriculture flourishes while cool climate.
Water industry is booming, but the depletion of fishery resources has become a problem in recent years by overfishing.

食の歴史

初期のアイルランド文学には食物や飲料に関する多くの記述が見られてます。
特に蜂蜜と蜂蜜酒は食事場面に高い頻度で登場する食べ物ですが、実際は毎食それらを食せる状況には無かったと考えられてます。
アイルランドではフロフト・フィーアと呼ばれる青銅器時代の調理遺構が発見されており、
石焼きを利用して鹿肉などを煮たとされてます。ビールの醸造に用いたとする説もあります。
また、伝説によるとフィン・マックールとフィアナ騎士団が狩りの獲物を調理したともいわれる。
ダブリン海岸のヴァイキングの遺跡からは当時の食の痕跡が見つかっている。
肉では、牛、豚、羊、鶏およびガチョウと魚。ハシバミに代表されるナッツ類と野生のベリー。
穀物ではソバやアカザの種子を粥にして食べていたとされる。
中世農奴制の元、農民は牛の生産を行わされ、生産された牛肉は、貴族や富裕層のみが消費していました。
農民は燕麦や大麦と、牛乳、バター、チーズなどの乳製品、肉では牛の内臓や豚足、
ブラック・プディングと呼ばれる血のソーセージなどを食べてました。

History of food

Description of many related to food or drink has been seen in the early Irish literature.
Mead and honey is a food that appears more frequently in the diet scene in particular, but I thought that there was no situation in Shokuseru them each meal actually.
Cooking remains of Bronze Age called Furofuto-Vier have been discovered in Ireland,
It is to be boiled and deer meat by using a stone baked. There is also a theory that it is assumed that used for the brewing of beer.
In addition, it is said Fiana and the Knights fin McCool is also cooked prey hunting According to the legend.
Traces of food at the time have been found from the ruins of Viking Dublin coast.
The meat, fish and goose cattle, swine, sheep, and chickens. Wild berries and nuts represented by hazel.
It is said to have eaten in the porridge seeds of goosefoot and buckwheat grain.
Is done in the production of cattle original medieval serfdom, farmers, beef produced, only the wealthy nobility and had consumed.
Dairy and barley and oats, milk, butter, and cheese, farmers pig’s feet and internal organs of cattle meat,
I was eating and blood sausage called black pudding.

アイルランドの伝統料理

特に伝統的な料理ではジャガイモと乳製品は欠かせない食材となっている。 コルカノンはキャベツやケールを混ぜたマッシュポテト。チャンプは牛乳で煮たみじん切りのタマネギやパセリを加えたマッシュポテトです。
ボクスティはポテトパンケーキの一種で焼くか、茹でて調理される。
パンはイーストでは無く重曹を加えた無発酵パンが主で、ソーダブレッドと呼ばれてます。
この生地を丸くのばしたのちに十字に四等分してから焼いたものは、ファールと呼ばれてます。
アイルランドの一般的な朝食は、ベーコンの脂で焼くベーコンと卵、ソーセージ。
これにボクスティやスライスしたフライドポテトがつくことがあります。
古くから海藻を食べる習慣があり、ダルスという紅藻の一種はそのまま食べる他チャンプ、魚のスープやシチューに混ぜたり、バターを塗ったパンにはさんでサンドイッチにもします。ヤハズツノマタからはプディングが作られます。

Traditional food of Ireland

Dairy products and potatoes are the ingredients that are essential in the traditional cuisine in particular. The colcannon mashed potatoes mixed with kale or cabbage. Champ is mashed potatoes plus parsley and chopped onion that has boiled in milk.
Or bake a type of potato pancake, Bokusuti is cooked boiled.
Breads with added baking soda without a main on the east, bread has been referred to as the Soda Bread.
What is baked it after quartered in a cross to After extended round the cloth, is called foul.
Eggs and bacon to burn fat in bacon, breakfast typical of Irish sausage.
You may be fried potatoes sliced ??and Bokusuti to get this.
There is a custom of eating seaweed for a long time, a kind of red algae called dulse will also sandwich across other Champ to eat as it is, on bread or mix it with soup or stew of fish, buttery. Pudding is made ??from Yahazutsunomata.

発酵とは

発酵とは

pan発酵と微生物の関連については、古くは1818年に、Erxlebenがパンの発酵が微生物によるとの説を唱えたが、ほとんど取り上げられませんでした。
1830年代には、数人の学者が「酵素の生命力説」を主張し、酵母の活動によって、糖分がアルコールと二酸化炭素になると主張しました。これは当時の化学界を大いに刺激し、リービッヒらはこれを否定し、化学物質の変化は単純な化学反応であり、
そこに生物の関わる余地はないと主張しました。
彼らによると、酵母はそのような化学変化の結果として生じるものにすぎません。
これらの論争に決着をつけたのがパスツールであります。
彼は酵母を様々な条件で培養し、酵母の発育の結果としてアルコールを生じること、ただし酸素が利用できる条件ではアルコールは発生せず、酵母の成長はその方がよいことなどを発見し、アルコール発酵は酸素呼吸の代用として酵母が行うものであること、それらが酵母が生活のためのエネルギーを得るために行う反応であると述べました。
これで一旦は論争が収まったかに見えましたが、1897年にブフナー兄弟は酵母を破砕した物質が、発酵を進める能力があることに気がつき、そこから酵母の内部にアルコール発酵を進める物質が存在すると考え、
この物質にチマーゼの名を与えました。そして、チマーゼこそが発酵の原因であり、酵母はそれを作るものではありますが、
その過程そのものに生物は関与しない、との説を立てた。
しかし、その後にこのチマーゼによる発酵が通常のアルコール発酵のようにうまく進まないことが判明し、
やはり酵母が発酵を行うのだとの説に落ち着いた。現在では、チマーゼは多数の酵素の複合物質であると考えられてます。

 

And fermentation

For related and microbial fermentation, in 1818 in ancient times, it was the theory Erxleben is due to microbial fermentation of bread, but it was not taken up almost.
In the 1830s, scholars of several people claiming “life stress of enzyme”, I argued by the activity of the yeast, sugar will become alcohol and carbon dioxide. This greatly stimulated the chemical industry at the time, Ribihhi-ra is denied this, changes in chemical substance is a simple chemical reaction,
I argued that there is no room related biologically there.
According to them, the yeast is only those which arise as a result of the chemical changes such.
It is the path tool that was settled in these controversies.
Be cultured under various conditions yeast, resulting alcohol as a result of growth of the yeast, but not generated alcohol under conditions available oxygen, to discover and be more that good, he alcohol yeast growth fermentation has said it is preferable that the yeast is carried out as a substitute for aerobic respiration, and is a reaction in which they do to get the yeast energy for life.
I saw a debate on whether the subsided once, but at Buchner brothers there is a material that is noticed that there is a capability of the substance to disrupt the yeast, promote the fermentation proceeds the alcoholic fermentation in the interior of the yeast from there in 1897 Then I think,
I gave the name of chymase in this material. And that chymase is the cause of fermentation, yeast is there a thing to make it,
I made ??a theory of organisms, and not involved in the process itself.
However, it is fermented by the chymase does not proceed well as alcoholic fermentation of normal and then was found,
I settled on the theory of the yeast’s fermentation still do. At present, I have been thinking

発酵の型

生物がグルコースなどの糖を用いてエネルギーを得る時、グルコースを解糖系で分解を行いエネルギーを得ると同時に、
最終生成物としてピルビン酸が得られる。
またこの過程で、酸化型NADが還元型NADへと変化します。
ここまでは、発酵、呼吸代謝に共通する部分であります。
ここから、呼吸代謝はこのピルビン酸をクエン酸回路、電子伝達系によって酸化分解し、
最終電子受容体を酸素もしくは無機物で行います。
そして、ATPを得ると同時に還元型NADを酸化型NADへ戻す。対して、発酵はピルビン酸を嫌気条件下でその発酵の型特有の経路を用いてエネルギーを得て、還元型NADを酸化型NADに戻し、発酵は最終電子受容体として有機物を使用する。

アルコール発酵

二段階の化学反応を経てエチルアルコールへ変化させる。第一段階として、ピルビン酸から一分子の二酸化炭素が取り去られ、中間生成物のアセトアルデヒドが生じる。
その後、アセトアルデヒドは還元型NADによって還元され、エチルアルコールとなる。
主として出芽酵母によっておこなわれます。糖分を分解してアルコールと二酸化炭素を発生し
アルコール飲料がその代表であります。酵母は自然界では糖分の多い環境に生息し、果実の皮などにも附着しています。
そのため、果実をつぶして容器に置けば、自然にアルコール発酵が進む場合が多い。
日本酒を造る場合、まず麹を米に働かせるのは、米のデンプンをコウジカビに分解させて糖にするためである。パン生地が膨れるのは、生地の中の糖分が分解されてできた炭酸ガスのためである。

乳酸発酵

化学的には、ピルビン酸を還元型NADによって還元し乳酸にする。最も単純なピルビン酸代謝経路。

メタン発酵

メタン発酵とは、メタン菌の有する代謝系のひとつであり、水素、ギ酸、酢酸などの電子を用いて二酸化炭素をメタンまで還元する系であります。メタン菌以外の生物はこの代謝系を持っています。
嫌気環境における有機物分解の最終段階の代謝系であり、特異な酵素および補酵素群を有します。

その他の発酵
ほかにも、酪酸型発酵、ブタノール-アセトン型発酵、硝酸塩発酵、酢酸発酵がある。

Type of fermentation

exdsxesx7When getting energy organism using sugars such as glucose, at the same time obtain energy were decomposed by glycolysis of glucose,
Pyruvic acid is obtained as the final product.
Also in this process, I will change oxidized NAD is to reduced form NAD.
So far, there are parts that are common fermentation, the respiratory metabolism.
From here, respiratory metabolism and oxidative decomposition of citric acid cycle, electron transport system by the pyruvic acid,
I will do an inorganic material or oxygen the final electron acceptor.
Then, back to the oxidized form NAD to reduced NAD and simultaneously obtain ATP. In contrast, to obtain the energy using a path type specific the fermentation under anaerobic conditions pyruvate fermentation returned to oxidized NAD reduced form NAD, fermentation using organic as terminal electron acceptor.

Alcoholic fermentation

Changing to ethyl alcohol through a chemical reaction of two steps. As a first step, one molecule of carbon dioxide is removed from pyruvic acid, acetaldehyde intermediate product is produced.
Then, acetaldehyde is reduced by the reduced form NAD, it is ethyl alcohol.
This is done primarily by budding yeast. Generates an alcohol and carbon dioxide by decomposing the sugar
There was its representative is alcoholic beverages. The living environment in a lot of sugar in nature, yeast has PCB attached to, such as fruit peel.
Therefore, if you put in a container from crushed fruit, if the alcoholic fermentation progresses naturally in many cases.
When making sake, and the work rice koji First, it is to sugar and allowed to decompose in Aspergillus and rice starch. Dough’s bulging is, because carbon dioxide that sugar in the dough was Deki is decomposed.

Lactic acid fermentation

発酵食品とは
(カッコ内は発祥地もしくは特産地(以下同様))


・日本酒(日本)米を麹菌と清酒酵母で発酵
・ワイン(中東・ヨーロッパ)葡萄をワイン酵母で発酵
・ビール(中東・ヨーロッパ)大麦の麦芽をビール酵母で発酵
・シードル(ヨーロッパ)りんごをりんご酵母で発酵
・ヤシ酒(東南アジア・アフリカ)ヤシの樹液を酵母で発酵
・(焼酎)(日本)発酵酒の蒸留酒
・(泡盛)(日本)同上
・(焼酒(ソジュ))(韓国・北朝鮮)同上
・(焼酒(白酒))(中国)同上
・(ウイスキー)(イギリス)同上
・(ウォッカ)(ロシア)同上
・(テキーラ)(メキシコ)同上


・紅茶(中国・インドなど)発酵茶。微生物ではなく原材料そのものがもつ酵素による酸化発酵
・烏龍茶(中国など)紅茶と同様

その他
・醸造酢(日本)酒類が酢酸発酵
・味醂(日本)
・甘酒 本来は米こうじと米を原料とし、デンプンを糖化したもの
・酒粕 (日本)
・シッケ(韓国)もち米のデンプンを麦芽で糖化したもの

穀物加工品

・納豆(日本)、チョングッチャン(韓国)大豆を納豆菌(枯草菌)で発酵
・醤油(日本)大豆を麹菌、酵母で発酵
・味噌(日本)、テンジャン(韓国・北朝鮮)大豆を麹菌、酵母、乳酸菌で発酵
・コチュジャン(韓国)もち米と唐辛子を麹菌などで発酵
・豆板醤(中国)ソラマメと唐辛子を麹菌などで発酵
・臭豆腐(中国)、豆腐?(沖縄)豆腐を発酵させたもの
・パン(生地)(中東・ヨーロッパ)小麦をパン酵母で発酵
・テンペ(インドネシア)大豆をテンペ菌(クモノスカビ)で発酵
・くずもち(関東風)(日本) 小麦を乳酸菌で発酵

魚介類加工品

・鰹節(日本)カツオをコウジカビ(A. glaucus)で醗酵
・塩辛(日本)微生物ではなく、原材料そのものがもつ酵素による酸化発酵[1]
・くさや(日本)発酵したくさや液に魚をつけ込み干した干物
・なれずし(鮒寿司)(日本)鮒の乳酸菌醗酵[3]
・飯寿司(日本)、シッケ (発酵食品)(朝鮮)魚介類を麹や麦芽を使って米とともに発酵したもの
・魚醤(東南アジア、東アジア)微生物ではなく、原材料そのものがもつ酵素による酸化発酵[1]
・アンチョビ(ヨーロッパ)魚を発酵
・ホンオフェ(韓国)エイを自然発酵
・シュールストレミング(スウェーデン)ニシンを缶詰の中で発酵させたもの

野菜果実加工品

・漬物(日本)野菜を発酵させたもの
・キムチ(韓国・北朝鮮)
・ザワークラウト(ドイツ)
・ピクルス(ヨーロッパ)
・ナタ・デ・ココ(フィリピン)ココナッツを醗酵
・バニラ 種子鞘の醗酵により香料を得る
・黒ニンニク ニンニクを加湿、常温発酵させたもの
・タバスコ 唐辛子を岩塩・穀物酢共存下で発酵させたもの

酪農製品

・ヨーグルト(中東・ヨーロッパ)牛乳や豆乳を乳酸菌で発酵
・チーズ(中東・ヨーロッパ)同上
・馬乳酒(モンゴル)同上

その他
・カカオ(主にアフリカ)果実からカカオ豆を取り出す際の下処理として。

発酵食品とは
塩漬けにした魚を飯や糠などに漬け込みや、それらの発酵により生じた乳酸等により風味とともに保存性を保てる食品として
注目されてます。

And fermented foods
(The same specialty area or birthplace (below in parentheses))

Liquor
And fermentation in sake yeast and Aspergillus oryzae (Japan) rice sake
And fermentation in wine yeast (Middle East and Europe) grape wine
? The fermentation beer yeast malt beer (the Middle East and Europe) barley
Fermentation apple yeast (Europe) apple cider
? The fermentation in yeast sap of palm wine (Southeast Asia and Africa) palm
Distilled liquor (shochu) (Japan) fermented beverages
・ (Awamori) (Japan) Same as above
・ (Soju (Soju)) (South Korea and North Korea) Same as above
・ (Soju (white sake)) (China) Same as above
・ (Whiskey) (United Kingdom) Same as above
・ (Vodka) (Russia) Same as above
・ (Tequila) (Mexico) Same as above

Tea
Tea and tea fermentation (such as China and India). The oxidation fermentation by enzymes raw material itself has not the microbial
Oolong tea (such as China) as well as tea

Other
– (Japan) alcoholic beverages acetic acid fermentation brewing vinegar
Mirin (Japan)
? The thing that a raw material rice and rice koji, and the starch saccharification sweet sake originally
・ Sake lees (Japan)
-What was saccharification malt starch moisture (Korea) glutinous rice

Grain processing products

Fermentation with Bacillus natto (Bacillus subtilis) (Japan), Jung Chang jerk (South Korea) soybean natto
Aspergillus oryzae fermentation, in yeast (Japan) soy soy sauce
Aspergillus oryzae fermentation, yeast, lactic acid bacteria (Japan), the Tenjan-Korean soybean miso
? The fermentation, such as Aspergillus and red pepper (South Korea) glutinous rice hot pepper paste
? The fermentation, such as Aspergillus and pepper (China) broad bean sauce peanut brittle
・ Carrying out fermentation stinky tofu (China), tofu ? the (Okinawa) tofu
? The fermentation in baker’s yeast bread (dough) and (Middle East and Europe) wheat
And fermentation bacteria in Tempe (Rhizopus) and (Indonesia) soybean Tempe
Fermentation with lactic acid bacteria (Kanto-style) (Japan) wheat arrowroot cake

Seafood processed goods

-Fermentation with Aspergillus (A. glaucus) (Nippon) bonito bonito
-Salted fish, not the (Japan) microorganisms, fermentation and oxidation by an enzyme raw material itself has [1]
-Dried fish to dried pickled fish horse mackerel dipped in salt water and dried in the sun to liquid horse mackerel dipped in salt water and dried in the sun was (Japan) fermentation
Lactic acid bacteria-fermented sushi fermented with fish and vegetables (crucian carp sushi) (Japan) crucian carp [3]
・ The fermented with rice using the malt and yeast (Japan), moisture (fermented food) and (Korean) seafood sushi rice
・ (Southeast Asia, East Asia) rather than microbial fish sauce, and oxidation by an enzyme fermentation raw material itself has [1]
-Fermentation (Europe) fish anchovy
And natural fermentation (South Korea) British Hon’ofe
・ Carrying out fermentation in the canned surstromming (Sweden) herring

Vegetable fruit processed products

・ The fermented (Japan) vegetable pickles
Kimchi-Korean
Sauerkraut, (Germany)
Pickles (Europe)
-Fermenting (Philippines) Coconut thou de Coco
– I get a perfume by fermentation of vanilla seed pods
・ What is humidified black garlic garlic, and allowed to ferment at room temperature
・ Carrying out fermentation in rock salt, grain vinegar presence of the Tabasco pepper

Dairy products

Fermentation with lactic acid bacteria and soy milk (the Middle East and Europe) milk yogurt
Cheese (the Middle East and Europe) Same as above
・ Umachichi-shu (Mongolia) Same as above

Other
? As under treatment at the time of taking out the cacao beans from the fruit (mainly Africa) cacao.

And fermented foods
As a food that can keep the storage stability with flavor by lactic acid, etc. or pickled, such as rice bran and fish in salt, produced by the fermentation of those
Has been noted.